夏の朝は。

今年、7月の初め。 灘区の東海道線沿線からの景色。 寝台電車の通り過ぎるのを撮影してみた。 普段は、こんな時間にこんな場所にはいない。 我が家で、ときどき目覚めに走行音で通り過ぎるのを感じる程度。 夏至の日を少し過ぎたばかりなので、時刻は5時少し前だが電話のカメラでもなんとか捉えられる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月の新聞記事より

およそ2カ月ぶりに、記事更新する。 最近(6月だが)読んだ新聞記事の転載。 「生活綴方」とは初めて聞いたように思うが、昔は教育現場で広く用いられていたようだ。    管理者も小学生の頃は、幾度も作文を書かされた記憶がある。 担任が皆の前で、「いい作品」を読んだりしていた事も。(以前、このブロ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月の山歩き

6月初めの休日、比良方面の山へ行く。 出町柳駅前からバスに乗車。 朽木行きも低床車の運用になっていた。(バスは増便無し、1台のみ) 坊村で降りる。のんびりトイレ休憩し、明王谷へ向かう。 30分ほど林道を歩き、伊藤新道入り口で右折、林道から離れる。 伊藤新道そのまま左岸を進む。 入口から約15分、ここで右岸…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月の摩耶山

5月の連休後半、摩耶山へ 久しぶりに新神戸駅の下をくぐる。 布引貯水池 昨年の風水害後、暫く不通だった箇所。 結構大がかりな工事だったよう、、、。 車両が入れるところなので、まだ良かった。(この先の二十徒渉ではまだ迂回路が残っている様だった。) 市ヶ原を過ぎて二十徒渉道へ進み、堰堤う回路から崩落してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西藤原駅

4月、藤原岳を登った時に利用した三岐鉄道で見かけたもの。 近鉄富田駅に停車中の三岐鉄道105型? 西武鉄道からやってきた車輌らしい。 モーター音は国鉄103系やら、昭和40年代の音がする。 普段乗り慣れている電車に比較して、上下方向の揺れを強く感じる(それほど速度はでていないが)。 こちらは復路で乗車した電車。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月の山歩き 2

4月半ば、鈴鹿山系の藤原岳に登ってみた。 三岐鉄道、西藤原駅で降りて。 これから登る山域を左手に見ながら県道を北西へ進む。(少し雲がかかる) 表登山道へ向かう登山者とすれ違い(この人々はマイカー登山である)、管理者は聖宝寺裏登山道へ向かう。 鳴谷神社右手の階段(230段)を登ると、聖宝寺の前に出る。 寺…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月の山歩き

4月半ばの休日、桜が咲いていると思い、昨年春先に登った大舟山界隈を訪れた。 福知山線武田尾駅。 向こうの山の斜面に桜が点在するのが見える。 駅前からは阪急田園バスに乗車する。 終点の上佐曽利で下車、登り口まで30分ほど歩く。 古い民家の屋根のブルシートが痛々しいが、何とか補修して使われるようだ。 大舟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月初め

4月初めの休日、ふと思いたったように羅漢さんを見に行く。 加西市北条町 画像は町の中心にある、住吉神社。 この日は北条節句祭りの2日目で、奥の拝殿前に見えるのは子供神輿の様だ。 お祭りの見どころは、こちらの化粧屋台。 このような屋台が14台も繰り出し、各地区から町内を巡行してきて住吉神社近くの御旅所へ集結するそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

彼岸の日

3月、彼岸の日。 所用で難波まで出た後、足を少し伸ばして恵美須町駅へ。 Exchange Machineが有るので、ちょっと使ってみた。 画面上のExcange Startをタッチし、100元紙幣を1枚挿入する。 (管理者は一応、日本人なので日本語を選択) 実際の為替レート(この日は16.XX程度)の手数…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日常の景色から 2

以前掲載した神戸市電の痕跡に絡んだ内容で更新、、、。 画像は春日野道商店街と旧西国街道が交わる地点。 昔の阪神電車春日野道駅付近。(画像は東を向いて撮影) かつての阪神電車は路面を走っていたらしいが、この道はそんなに広くない。  阪堺線の塚西~東粉濱あたりの道幅の方が広そう。 下の画像は上の地点から300mほど西で、画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3月初めの山歩き

3月初めの山歩きは、近場の山へ出かけて六甲高山植物園へ早春の花を見に行く。(1月半ぶりの山歩き、、、、。) 阪急六甲からケーブル下駅へ。 芽吹きもだいぶ膨らみ模様、、。 森林管理道で遊んで?油コブシ道に合流する。 途中、振り返って南の方を見るが、遠方の景色は霞んでいて春模様。 植物園に行くに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日常の景色から...。

日常、通勤途上で何気なく見ている景色の中に、かつて存在した鉄道線の痕跡がある事を知った、、、。 画像は神戸市中央区北本町通~。 国道2号線の1本南の筋を東に歩いて生田川を渡り、暫く歩いて行くと不自然な道の交わり方をする交叉点に出る。 交叉点を挟んで、東西の道路の中心が合っていない。 立ち位置を変えて、交叉点の北側…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

30年以上前、大和川縁

所用、出張が続き、管理者はお出かけの話題も乏しく、、、、。 昔の写真でもって更新する。 1980年の秋頃。 大和川に架かる高野大橋付近。 川向こうの処理場から、大阪市内へ帰ってきたパッカー車が連なる。(川向こうも一部は大阪市内ですが)この近辺には田圃があって、画像の奥には刈り取った稲穂が干されているのが見える。 まだ地…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

能勢の里 歌垣山

前回記事の続き、1月半ば能勢妙見山奥の院へ訪れていた。 奥の院から北へ、20分程下り続けて堀越峠へ着く。 峠で車道を跨ぐ。堀越峠の歌垣山登山口道標。 木の階段を登る。 階段が終わると、なだらかな尾根道に。 峠から20分くらいで、歌垣山山頂(女山)に着く。(山頂では管理者以外に人はおらず)ここで昼食。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

能勢妙見山~奥の院

1月半ばは、能勢町の山へ出かけた。 能勢電鉄山下で、妙見口行きに乗り換え。(元阪急2000系は、コンプレッサー音が懐かしく、、、、。) 妙見口行きは2連で、復活塗装車らしい。 車内は、地元の方が撮影した写真のギャラリーになっていた。 静かな妙見口駅を後にして、妙見山へ歩き始める。 20分程で、ケーブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年初めの山歩き

1月初め、天気も良いので散歩がてら旗振山辺りを歩く。 安徳帝内裏跡西の、一の谷町住宅地奥の道から進む。(南洋植物園跡だったか) 画像左の階段を登る。 階段付近からの眺め。 階段を登りつめ、支尾根道を進むと妙見堂分岐で山腹道を左へ。 30分ほどで旗振り山へ着く。 旗振茶屋は、団体さんが屋外で宴席中だった…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019年の正月

2019年も無事正月を迎える。 元旦は、実家へ向かう。 今年は誰か家族を連れてと思ったが、昨年同様全員別行動に、、、。 途中、梅三小路で昼をとる。 で、寄り道する、、、。 塚西交差点付近 住吉大社前交通規制の北端。道路脇の赤コーンは、この場所から始まる。 正月なんで 少し歩くだけで いく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

広告塗装への思い、想い出

常々、記事内容がブレまくる拙ブログ。 記事ネタに困って創作したわけでもないのだが、何回か本ブログ内で取り上げてきた南海平野線に関連した想い出話で更新する。 下の画像は、以前に掲載したもの。 南海上町線(1980年の撮影時)の電車が阿倍野斎場前の交差点を通過中で、電車は当時の標準塗装と言える立石電機(御室N)の広告塗装が施さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

12月の山行きは羽束山、、、。

気候も師走らしくなってきた。 12月半ば、今年の春にも訪れた北摂三田の里山歩きへ。 三田駅北口から歩き始める。 三田青磁窯跡(公園になっている)に建つ、大道坂の説明板 坂を登り詰めて辻󠄀に出る。このあたりにも窯があったらしい。 ここから基本的には、北東方向に進む。 道はゴルフ場横を通る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月末の五助山~心経岩

もう師走に突入してしまったが、、、。 11月最後の休日、近場の山歩き。 阪急御影駅からスタート 住吉山手の「お屋敷」の庭木も色づき、、、。 白鶴美術館付近で振り返る。 住吉台の住宅地を抜けて、御影駅から1時間あまりで五助堰堤上流の木橋に出る。 五助山への取りつきは、、、。 ナイフリッジと呼ば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more